多くのビル

建物に存在する害虫

住宅などの建物に存在する、害虫の一つがシロアリです。木造以外の、コンクリートやレンガでもシロアリは発生します。シロアリはジメジメと湿気が多く、暗い場所を好みます。建物の下に潜んでいる可能性が高いです。

Read more

薬剤で素早く退治

シロアリを駆除する際には、専用の薬剤を使用すると効果的でしょう。成分には、シロアリが嫌がる成分が入っています。駆除業者の使用している薬剤は、体に害はないので安心して依頼出来ます。

Read more

隠れた害虫

住宅に住んでいる害虫として、シロアリはよく知られています。しかし、実際に住宅内で発見するのは難しいです。床下で木の柱などを食べ生息している可能性があるので、専門の駆除業者へ調べてもらうのが最適です。

Read more

人に被害を与える

シロアリは、家だけでなく人にも大きな被害を与えます。シロアリは種類も多く、わずかな地域を覗いては広い範囲で生息しています。アリの仲間でなく、ゴキブリの仲間なので注意しましょう。

Read more

シロアリの種類

巣ができるとどんどん増えてしまう蟻の駆除はプロの業者に依頼しましょう。巣ごとつぶして根絶やしにしてくれます。

駆除が難しいアメリカカンザイシロアリ

今まで日本では主に、「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」この2種類のシロアリが生息していました。しかし、近年ある外来種のシロアリが登場した事により、新たなシロアリ被害が生まれています。そのシロアリとは「アメリカカンザイシロアリ」という、アメリカを主な生息地としているシロアリです。アメリカカンザイシロアリは、軒先や窓など色々な場所から家へと侵入が可能という事もあり、根こそぎ駆除する事が難しいと言われています。シロアリ駆除剤を購入し、自分で駆除する方も多いようですが、このアメリカカンザイシロアリに至っては、プロのシロアリ駆除業者に依頼した方が良いでしょう。シロアリ駆除専門業者でも、特に実績のある業者に依頼する事で、駆除が難しいと言われるアメリカカンザイシロアリも対応できます。

シロアリ駆除なら専門業者にお任せ

最近、生息地が広まっている、外来種のシロアリがいる事をご存じでしょうか。「アメリカカンザイシロアリ」という種類で、この名前から察する通り、アメリカが主な生息地のシロアリです。アメリカから輸入した家具などに持ち込まれたと言われており、現在吸収や東日本でも確認されています。アメリカカンザイシロアリは、わずかな水分があるだけでも生き延びられる、生命力の高さが特徴です。また、他のシロアリと違い1つ1つの巣は小さいのですが、小さい巣を数多く作るという特性がある為、なかなか駆除する事が難しいと言われています。もし、このアメリカカンザイシロアリがいた場合、シロアリ駆除を行っている専門業者に、駆除は依頼しましょう。シロアリ駆除のプロなら、的確に巣を見つけ根こそぎ駆除する事ができます。

>>Back to TOP
Design by Megapx . Template by s-hoshino.com